奥尻島まで飛んで帰ってきました

2015/5/17(日)に、奥尻島まで飛んで帰ってきました。

奥尻島に駐機

本来この日は雨竜沼湿原を見るついでに北に飛ぼうと考えていたのですが、残念ながら丘珠空港から北東方面は雲が低く、VFRでは飛べそうにありません。しかし南の方なら雲の晴れ間を縫っていけば問題なさそう、ということで初の訪問となる奥尻島に行ってみることにしました。

続きを読む

美唄から丘珠までプロペラを積んで飛ぶ(20140913-14)

(「午前中に仙台ハイランドを走って夕方に北海道行きのフェリーに乗る(20140912)」からの続き)

北から見た小樽港

翌日の「きそ」船上での朝食中に、後部甲板になぜかセキレイがいました。しばらく甲板で何かをついばんでいたのですが、歩いてきた人に驚き、後方に流されるように海上に飛んで行ってしまいました。一番近い陸地は80kmも向こうの外洋なのに、無事陸に帰れたのだろうか。

支柱の向かって左下にいます
続きを読む

さっぽろ雪まつりを上空から見物してきました

2月10日に丘珠→支笏湖→西野(札幌)→大通(札幌)→丘珠と飛んできました!(・∀・)
雪まつり大通会場の上空
上空から見た雪まつり大通会場

雪まつりを上空から見物する

2/8以降は本州は記録的な荒天で、今回は飛ぶことを半分あきらめていたのですが、札幌周辺の気象条件が良い方に倒れてくれたので飛ぶことができました。
続きを読む

1 2

仙台在住の野良パイロットが丘珠空港に月一回以上通う方法(太平洋フェリー編) / 全5ページ 

 僕は仙台在住ですが、飛行機乗りとしては札幌の丘珠空港をベースにしていまして(以前の記事でもちらっと書きましたが)シーズン中は概ね月一回ペースで札幌に通っています。ジェネアビ砂漠地帯ともいえる東北~関東の飛行機乗りにとって、丘珠で飛ぶことは移動の手間以上のメリットがあるのです。
 詳しいことはまた別の記事で書きたいと思っていますが、東日本のパイロットの皆さん、丘珠で飛んでみませんか?

C172

 閑話休題。
 僕のようなな境遇の飛行機乗りさんが他にも居られるかもしれない/増えたらいいなあというわけで、今回はフェリー+公共交通機関を使って仙台から札幌に通う方法について記事を起こしてみました。フェリー+バイクで通う方法については別の記事に機会を譲ります。
続きを読む

1 2 3 4 5

動画を再アップしました

twitvideoさんにアップしていた飛行関連動画をFC2動画に上げなおしました。
このブログの過去記事に貼っていた動画をまた見られるようになりました(・∀・)
http://video.fc2.com/list.php?m=scont&sobj_up_mb_id=60874349
復活を待っていたのですが、twitvideoさんのサービスの再開は残念ながらもうなさそうですね。

セスナ172の給油用ステップ、その意外な使い道

 僕が飛ばしているセスナ172の燃料タンクは翼の中にあります。
 高翼機ですから、翼の上にある燃料キャップから給油するためには機体によじ登らなければなりません。その足がかりとして、翼を支える梁(ストラットと呼びます)の真ん中あたりに、ラバー素材っぽいステップがあります。
c1.gif
 これが意外な使い道で役に立つのです。

続きを読む

NZでの僕の飛びっぷりを見るが(・∀・)イイ

NZでのかつての僕の仕事の一部をお見せします。飛行中に他の飛行機を追い抜く映像です。僕はこのとき機長席(左席)でカメラ回してます(・∀・)

twitvideoで見る>
場所は南島西海岸のハーストからワナカ方面に移動する途中、マウント・アスパイアリング付近です。

続きを読む

滑走路多すぎだよ!(;´Д`)

ただし、今回の緊急着陸では乾湖に着陸させることはせず、エドワード空軍基地の第22滑走路に胴体着陸を行った。
「さすがA-10、胴体着陸してもなんともないぜ」より引用
※強調部分は筆者によるもの

 テクノバーンはいつも楽しく拝読させていただいてますが……
  22本も滑走路があるわけないから!
 多分 Runway 22(磁北から時計回りに220°の方向を向いた滑走路)の誤訳なんじゃないかなあと思います。

続きを読む